ヘアカラーの色むらを防ぐ対策

①紫外線対策

②乾燥や摩擦に注意する

③カラーケアシャンプーを使う

紫外線を浴びて髪が焼けると髪の表面を覆っているキューティクルが損傷して退色しやすくなります。

乾燥も同様です。

摩擦も同じで過度なブラッシングやタオルドライでゴシゴシこすたっりすると退色の原因になります。

こうしたことに気をつけるだけでもカラーの退色を防ぐことができます。

一気にやるわけではなく、少しずつでいいので習慣にすることが大切です。 美しい髪を手に入れるためにはケアの積み重ねが必要だと考えています☆